1. はじめに

本書は、GaussViewを東京工業大学学術国際情報センターのTSUBAME3で利用する方法について説明しています。 また、TSUBAME3を利用するにあたっては、「TSUBAME利用の手引き」もご覧下さい。利用環境や注意事項などが詳細に記述されております。
Gaussian lnc.では,GaussView に関するWebページを公開しています. 次のアドレスを参照してください.

http://gaussian.com

また,ヒューリンクスのGaussViewのページは次の通りです.https://www.hulinks.co.jp/software/chem/gaussview

1.1. 利用できるバージョン

TSUBAME3で利用可能な最新バージョンについてはTSUBAME計算サービスWebサイトの アプリケーション ページをご確認下さい。
研究に支障がない限り、バグ修正の入っている最新版をご利用下さい。

1.2. 概要

GaussViewは、Gaussianのグラフィカル・ユーザ・インタフェースです。 分子モデルの構築やGaussianの計算パラメータの設定などのプリ処理機能と、 計算結果の可視化などのポスト処理機能を有しています。

計算結果の可視化では以下の表示が行えます。

  • 構造最適化された分子モデル
  • 分子軌道図
  • 電子密度図
  • 静電ポテンシャル

1.3. マニュアル

GaussView Reference (gaussian.com)