2. GaussViewの使用方法

2.1. GaussViewの実行

ログイン方法を参考にログインノードにログイン後、インタラクティブノードを利用したX転送を参考にノードをX転送付きで確保して下さい。
以下以降の例では、全て計算ノードにログインした状態で行います。

2.1.1. コマンド実行例

例では2時間接続で、割り当てノードとしてr0i0n0が割り当てられた場合を想定しております。
割り当てノードはコマンド実行時に空いているノードですので、明示的にノードを指定することはできません。

#qrshの実行

$ qrsh -g [TSUBAME3グループ] -l s_core=1 -l h_rt=2:00:00
$ . /etc/profile.d/modules.sh

r0i0n0:~> module load <読み込みたいアプリケーション>
r0i0n0:~> <実行したいアプリケーションの実行コマンド>

2.1.2. GUIの起動

次のコマンドにより、起動します。

$ gview

Segmentation fault となる場合。もしくは、正しく描画されない場合
-soft オプションを追加して起動してください。

$ gview -soft

終了する場合は、[File]-[Exit]を選択してください。


GaussView起動後の画面