6. ISVアプリケーション

ライセンス契約上、ISVアプリケーションを利用できる利用者は限られます。 東工大に所属する「1.学生証・職員証」以外の利用者は以下に挙げるアプリケーション以外のISVアプリケーションを利用できません。

  • Gaussian/Gauss View
  • AMBER
  • Intel Compiler
  • PGI Compiler
  • Arm Forge

ISVアプリケーションの一覧表を以下に示します。

ソフトウェア名 概要
ANSYS 解析ソフトウェア
Fluent 解析ソフトウェア
ABAQUS 解析ソフトウェア
ABACUS CAE 解析ソフトウェア
Marc & Mentant / Dytran 解析ソフトウェア
Nastran 解析ソフトウェア
Patran 解析ソフトウェア
Gaussian 量子化学計算プログラム
GaussView 量子化学計算プログラム プリポストツール
AMBER 分子動力学計算プログラム
Materials Studio 化学シミュレーションソフトウェア
Discovery Studio 化学シミュレーションソフトウェア
Mathematica 数式処理ソフトウェア
Maple 数式処理ソフトウェア
AVS/Express 可視化ソフトウェア
AVS/Express PCE 可視化ソフトウェア
LS-DYNA 解析ソフトウェア
LS-PrePost 解析ソフトウェア プリポストツール
COMSOL 解析ソフトウェア
Schrodinger 化学シミュレーションソフトウェア
MATLAB 数値計算ソフトウェア
Arm Forge デバッガ
Intel Compiler コンパイラ
PGI Compiler コンパイラ

6.1. ANSYS

GUIでの利用手順を以下に示します。

$ module load ansys
$ launcher

CLIでの利用手順を以下に示します。

$ module load ansys
$ mapdl

mapdlコマンドの代わりに以下のコマンドも使用できます。

(ANSYS18.2の場合。バージョンによって異なります。)

$ ansys182

exitと入力すると終了します。

入力ファイルを指定すると非対話的に実行されます。

実行例1
$ mapdl [options] < inputfile > outputfile
実行例2
$ mapdl [options] -i inputfile -o outputfile

バッチキューシステムを使用する場合は、シェルスクリプトを作成しCLIで以下のように実行します。

sample.shを使用する場合
$ qsub sample.sh

スクリプト例:MPI並列処理

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
#!/bin/bash
#$ -cwd
#$ -V
#$ -l f_node=2
#$ -l h_rt=0:10:0

. /etc/profile.d/modules.sh
module load ansys

mapdl -b -dis -np 56 < inputfile > outputfile

スクリプト例:GPU使用

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
#!/bin/bash
#$ -cwd
#$ -V
#$ -l f_node=1
#$ -l h_rt=0:10:0

. /etc/profile.d/modules.sh
module load ansys

mapdl -b -dis -np 28 -acc nvidia -na 4 < inputfile > outputfile

ANSYSのライセンス利用状況を以下のコマンドで確認できます。

$ lmutil lmstat -S ansyslmd -c 27001@lice0:27001@remote:27001@t3ldap1

6.2. Fluent

Fluentは熱流体解析アプリケーションです。利用手順を以下に示します。

GUIでの起動手順を以下に示します。

$ module load ansys
$ fluent

CLIでの起動手順を以下に示します。

$ module load ansys
$ fluent -g

exitと入力すると終了します。

journalファイルを使用してインタラクティブに実行する場合は以下のようにコマンドを実行します。

journalファイル名がfluentbench.jou、3Dの場合
$fluent 3d -g -i fluentbench.jou

バッチキューシステムを使用する場合は、シェルスクリプトを作成しCLIで以下のように実行します。

sample.shを利用する場合
$ qsub sample.sh

スクリプト例:MPI並列処理(f_node利用時)

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
#!/bin/bash
#$ -cwd
#$ -V
#$ -l f_node=2
#$ -l h_rt=0:10:0

. /etc/profile.d/modules.sh

module load ansys

JOURNAL=journalfile
OUTPUT=outputfile
VERSION=3d

fluent -mpi=intel -g ${VERSION} -cnf=${PE_HOSTFILE} -i ${JOURNAL} > ${OUTPUT} 2>&1

スクリプト例:MPI並列処理(h_node利用時)

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
#!/bin/bash
#$ -cwd
#$ -V
#$ -l h_node=1
#$ -l h_rt=0:10:0

. /etc/profile.d/modules.sh
module load ansys

JOURNAL=journalfile
OUTPUT=outputfile
VERSION=3d

fluent -ncheck -mpi=intel -g ${VERSION} -cnf=${PE_HOSTFILE} -i ${JOURNAL} > ${OUTPUT} 2>&1

f_node以外の利用では資源をまたぐ設定ができないため、#$ -l {資源名}=1 (例えばh_nodeでは#$ -l h_node=1)とし、コマンド中に-ncheckオプションを入れてください。

Fluentのライセンス利用状況を以下のコマンドで確認できます。

$ lmutil lmstat -S ansyslmd -c 27001@lice0:27001@remote:27001@t3ldap1

6.3. ABAQUS

インタラクティブでの利用手順を以下に示します。

$ module load abaqus
$ abaqus job=inputfile [options]

バッチキューシステムを使用する場合は、シェルスクリプトを作成しCLIで以下のように実行します。

sample.shを利用する場合
$ qsub sample.sh

スクリプト例:MPI並列処理

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
#!/bin/bash
#$ -cwd
#$ -V
#$ -l q_core=1
#$ -l h_rt=0:10:0

. /etc/profile.d/modules.sh
module load abaqus

# ABAQUS settings.
INPUT=s2a
ABAQUS_VER=2017
ABAQUS_CMD=abq${ABAQUS_VER}
SCRATCH=${TMPDIR}
NCPUS=4

${ABAQUS_CMD} interactive \
job=${INPUT} \
cpus=${NCPUS} \
scratch=${SCRATCH} \
mp_mode=mpi > ${INPUT}.`date '+%Y%m%d%H%M%S'`log 2>&1

6.4. ABAQUS CAE

ABAQUS CAEの利用手順を以下に示します。

$ module load abaqus
$ abaqus cae

メニューバーの File > Exit をクリックすると終了します。

6.5. Marc & Mentat / Dytran

6.5.1. Marc & Mentat / Dytranの概要

各製品の概要はエムエスシーソフトウェア株式会社のWebサイトをご参照ください。

6.5.2. Marc & Mentat / Dytranのマニュアル

下記ドキュメントをご参照ください。

6.5.3. Marcの使用方法

インタラクティブでの利用手順を以下に示します。

使用したいバージョンに適宜読み替えてご実行ください。

$ module load intel intel-mpi cuda marc_mentat/2017
サンプルファイル(e2x1.dat)の場合
$ cp /apps/t3/sles12sp2/isv/msc/marc/marc2017/demo/e2x1.dat ./
$ marc -jid e2x1

6.5.4. Mentatの使用方法

Mentatの起動手順を以下に示します。

使用したいバージョンに適宜読み替えてご実行ください。

$ module load intel intel-mpi cuda marc_mentat/2017
$ mentat

メニューバーの File > Exit をクリックすると終了します。

Mentatのライセンス利用状況を以下のコマンドで確認できます。

$ lmutil lmstat -S MSC -c 27004@lice0:27004@remote:27004@t3ldap1

6.6. Nastran

使用したいバージョンに適宜読み替えてご実行ください。

Nastranの起動手順を以下に示します。

$ module load nastran/2017.1
サンプルファイル (um24.dat) の場合
$ cp /apps/t3/sles12sp2/isv/msc/MSC_Nastran/20171/msc20171/nast/demo/um24.dat ./
$ nast20171 um24

Nastranのバッチ投入手順を以下に示します。

サンプルファイル (parallel.sh) の場合
$ qsub parallel.sh

スクリプト例:CPU並列処理

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
#!/bin/bash
#$ -cwd
#$ -l q_core=1
#$ -l h_rt=0:10:00
#$ -V

export NSLOTS=4

. /etc/profile.d/modules.sh
module load cuda openmpi nastran/2017.1

mpirun -np $NSLOTS \
nast20171 parallel=$NSLOTS um24

Nastranのライセンス利用状況を以下のコマンドで確認できます。

$ lmutil lmstat -S MSC -c 27004@lice0:27004@remote:27004@t3ldap1

6.7. Patran

Patranの起動手順を以下に示します。

使用したいバージョンに適宜読み替えてご実行ください。

$ module load patran/2017.0.2
$ pat2017

終了する際はFile>EXIT

Patranのライセンス利用状況を以下のコマンドで確認できます。

$ lmutil lmstat -S MSC -c 27004@lice0:27004@remote:27004@t3ldap1

6.8. Gaussian

インタラクティブな利用手順を以下に示します。

GPUを利用するモジュールを読み込む場合(環境変数GAUSS_CDEF及びGAUSS_GDEFを自動設定します)

$ module load gaussian16/revision_gpu
$ g16 inputfile

revisionには使用するリビジョンを指定してください。Gaussian16 Rev.B01の場合は以下の通りです。

$ module load gaussian16/B01_gpu

GPUを利用しないモジュールを読み込む場合(環境変数GAUSS_CDEF/GAUSS_GDEFは設定されません)

$ module load gaussian16/revision
$ g16 inputfile

Linda並列版モジュールを読み込む場合

$ module load gaussian16_linda
$ g16 inputfile

バッチキューシステムを使用する場合は、シェルスクリプトを作成しCLIで以下のように実行します。

sample.shを使用する場合
$ qsub sample.sh

スクリプト例:ノード内並列処理

Glycineの構造最適化および振動解析(IR+ラマン強度)を計算する場合のサンプルスクリプトです。

下記のglycine.sh、glycine.gjfを同一ディレクトリ上に配置し、下記コマンドを実行することで計算ができます。計算後にglycine.log、glycine.chkが生成されます。

解析結果の確認についてはGaussViewにてご説明します。

$ qsub glycine.sh

glycine.sh

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
#!/bin/bash
#$ -cwd
#$ -l f_node=1
#$ -l h_rt=0:10:0
#$ -V

. /etc/profile.d/modules.sh
module load gaussian16

g16 glycine.gjf

glycine.gjf

chk=glycine.chk
cpu=0-27     ←環境変数GAUSS_CDEF/GAUSS_GDEFを自動設定するモジュールを読み込んだ場合は不要
gpucpu=0-3=0,1,2,3     ←GPUを使用しない場合や環境変数を自動設定するモジュールを読み込んだ場合は不要
mem=120GB

P opt=(calcfc,tight,rfo) freq=(raman)

glycine Test Job

 2
N                0   -2.15739574   -1.69517043   -0.01896033 H
H                0   -1.15783574   -1.72483643   -0.01896033 H
C                0   -2.84434974   -0.41935843   -0.01896033 H
C                0   -1.83982674    0.72406557   -0.01896033 H
H                0   -3.46918274   -0.34255543   -0.90878333 H
H                0   -3.46918274   -0.34255543    0.87086267 H
O                0   -0.63259574    0.49377357   -0.01896033 H
O                0   -2.22368674    1.89158057   -0.01896033 H
H                0   -2.68286796   -2.54598119   -0.01896033 H

1 2 1.0 3 1.0 9 1.0
2
3 4 1.0 5 1.0 6 1.0
4 7 1.5 8 1.5
5
6
7
8
9

6.9. GaussView

GaussViewはGaussianの結果を可視化するアプリケーションです。

GaussViewの利用手順を以下に示します。

$ module load gaussian16 gaussview
$ gview.exe

メニューバーから File > Exit をクリックすると終了します。

解析例:glycine.log

Gaussianの項にてサンプルとして例示しているスクリプトを実行した結果ファイルの解析を例にご説明します。

$ module load gaussian16 gaussview
$ gview.exe glycine.log

Resultから解析結果の確認が可能です。

Result>Summaryにて計算の概要、Result>ChageDistribution…で電荷情報、Vibration…から振動解析の結果を確認できます。

サンプルでは振動解析を行っているので、VibrationダイアログのStartAnimationから振動の様子を確認できます。

6.10. AMBER

AMBERは本来タンパク質・核酸の分子動力学計算のために開発されたプログラムですが、最近では糖用のパラメータも開発され、化学・生物系の研究のために益々有用なツールとなってきました。ご自分の研究で利用する場合は、マニュアルや関 連する論文等の使用例をよく調べて、AMBERが採用しているモデルや理論の限界、応用範囲等を把握しておくことが必要です。現在、AMBERはソースコードを無制限にコピーすることはできませんが、東工大内部で利用することは可能なので、これを基にさらに発展した手法を取り込むことも可能です。

下記について、使用したいバージョンに適宜読み替えてご実行ください。

インタラクティブでの逐次処理の場合の利用手順を以下に示します。

$ module load amber/16
$ sander [-O|A] -i mdin -o mdout -p prmtop -c inpcrd -r restrt

インタラクティブでの並列処理(sander.MPI)の場合の利用手順を以下に示します。

$ module load amber/16
$ mpirun -np -[並列数] sander.MPI [-O|A] -i mdin -o mdout -p prmtop -c inpcrd -r restrt

インタラクティブでのGPU逐次処理(pmemd.cuda)の場合の利用手順を以下に示します。

$ module load amber/16_cuda
$ pmemd.cuda [-O] -i mdin -o mdout -p prmtop -c inpcrd -r restrt

インタラクティブでのGPU並列処理(pmemd.cuda.MPI)の場合の利用手順を以下に示します。

$ module load amber/16_cuda
$ mpirun -np -[並列数] pmemd.cuda.MPI [-O] -i mdin -o mdout -p prmtop -c inpcrd -r restrt

バッチキューシステムの場合の利用手順を以下に示します。

parallel.shを利用する場合
$ qsub parallel.sh

スクリプト例:CPU並列処理

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
#!/bin/bash
#$ -cwd
#$ -l f_node=2
#$ -l h_rt=0:10:00
#$ -V
export NSLOTS=56

in=./mdin
out=./mdout_para
inpcrd=./inpcrd
top=./top

cat <<eof > $in
 Relaxtion of trip cage using
&cntrl                                                                       
  imin=1,maxcyc=5000,irest=0, ntx=1,
  nstlim=10, dt=0.001,
  ntc=1, ntf=1, ioutfm=1
  ntt=9, tautp=0.5,
  tempi=298.0, temp0=298.0,
  ntpr=1, ntwx=20,
  ntb=0, igb=8,
  nkija=3, gamma_ln=0.01,
  cut=999.0,rgbmax=999.0,
  idistr=0
 /
eof

. /etc/profile.d/modules.sh
module load amber/16

mpirun -np $NSLOTS \
sander.MPI -O -i $in -c $inpcrd -p $top -o $out < /dev/null

/bin/rm -f $in restrt

スクリプト例:GPU並列処理

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
#!/bin/bash
#$ -cwd
#$ -l f_node=2
#$ -l h_rt=0:10:0
#$ -V

export NSLOTS=56

in=./mdin
out=./mdout
inpcrd=./inpcrd
top=./top

cat <<eof > $in
FIX (active) full dynamics ( constraint dynamics: constant volume)
&cntrl
   ntx = 7,       irest = 1,
   ntpr = 100,     ntwx = 0,     ntwr = 0,
   ntf = 2,       ntc = 2,       tol = 0.000001,
   cut = 8.0,
   nstlim = 500,  dt = 0.00150,
   nscm = 250,
   ntt = 0,
   lastist = 4000000,
   lastrst = 6000000,
 /
eof

. /etc/profile.d/modules.sh
module load amber/16_cuda

mpirun -np $NSLOTS \
pmemd.cuda.MPI -O -i $in -c $inpcrd -p $top -o $out < /dev/null

/bin/rm -f $in restrt

6.11. Materials Studio

6.11.1. ライセンス接続設定方法

スタートメニューから すべてのプログラム > BIOVIA > Licensing > License Administrator 7.6.14 を管理者として実行します。

[Connections] を開き、[Set] をクリックして Set License Server ダイアログを開きます。

Redundant servers にチェックを入れ、ホスト名とポート番号を下図のように入力し、[OK] をクリックします。

Server Status が Connected と表示されれば設定完了です。

※Materials Studioを利用するためには、2ホスト以上のライセンスサーバーへの接続が確立している必要があります。

6.11.2. ライセンス利用状況の確認方法

6.11.2.1. Windowsでの確認方法

スタートメニューから すべてのプログラム > BIOVIA > Licensing > License Administrator 7.6.14 > Utilities (FLEXlm LMTOOLs) を実行します。

[Service/License File] タブを開き、 [Configulation using License File] を選択します。

MSI_LICENSE_FILE と表示されていることを確認します。

[Server Status] タブを開き、[Perform Status Enqurity] をクリックすると、ライセンスの利用状況が表示されます。

特定のライセンスのみを表示したい場合は、[Individual Feature] に表示したいライセンス名を入力して [Perform Status Enqurity] を実行します。

6.11.2.2. ログインノード上での確認方法

以下のコマンドを実行すると、利用状況が表示されます。

$ lmutil lmstat -S msi -c 27005@lice0,27005@remote,27005@t3ldap1

6.11.3. Materials Studioの起動方法

Materials StudioがインストールされたWindows環境においてスタートメニューを表示し、BIOVIA > Materials Studio 2017 R2 をクリックして起動します。

6.12. Discovery Studio

6.12.1. ライセンス接続設定方法

スタートメニューから すべてのプログラム > BIOVIA > Licensing > License Administrator 7.6.14 を管理者として実行します。

[Connections] を開き、[Set] をクリックして Set License Server ダイアログを開きます。

Redundant servers にチェックを入れ、ホスト名とポート番号を下図のように入力し、[OK] をクリックします。

Server Status が Connected と表示されれば設定完了です。

※Discovery Studioを利用するためには、2ホスト以上のライセンスサーバーへの接続が確立している必要があります。

6.12.2. ライセンス利用状況の確認方法

6.12.2.1. Windowsでの確認方法

スタートメニューから すべてのプログラム > BIOVIA > Licensing > License Administrator 7.6.14 > Utilities (FLEXlm LMTOOLs) を実行します。

[Service/License File] タブを開き、 [Configulation using License File] を選択します。

MSI_LICENSE_FILE と表示されていることを確認します。

[Server Status] タブを開き、[Perform Status Enqurity] をクリックすると、ライセンスの利用状況が表示されます。

特定のライセンスのみを表示したい場合は、[Individual Feature] に表示したいライセンス名を入力して [Perform Status Enqurity] を実行します。

6.12.2.2. ログインノード上での確認方法

以下のコマンドを実行すると、利用状況が表示されます。

$ lmutil lmstat -S msi -c 27005@lice0,27005@remote,27005@t3ldap1

6.12.3. Discovery Studioの起動方法

Discovery StudioがインストールされたWindows環境においてスタートメニューを表示し、BIOVIA > Discovery Studio 2017 R2 64-bit Client をクリックして起動します。

6.13. Mathematica

CLIでの起動手順を示します。

$ module load mathematica
$ math
Mathematica 11.1.1 Kernel for Linux x86 (64-bit)
Copyright 1988-2017 Wolfram Research, Inc.

In[1]:=

Quitと入力すると終了します。

GUIでの起動手順を以下に示します。

$ module load mathematica
$ Mathematica

終了する場合は、ノートブックのメニューバーから [File]を選択し「Exit」をクリックします。

6.14. Maple

Mapleは数式処理、数値計算アプリケーションです。

Mapleの利用方法の例を以下に示します。

使用したいバージョンに適宜読み替えてご実行ください。

CLIでの起動手順を以下に示します。

$ module load maple/2016.2
$ maple
    |\^/|     Maple 2016 (X86 64 LINUX)
._|\|   |/|_. Copyright (c) Maplesoft, a division of Waterloo Maple Inc. 2018
 \  MAPLE  /  All rights reserved. Maple is a trademark of
 <____ ____>  Waterloo Maple Inc.
      |       Type ? for help.
> 

quitと入力すると終了します。

GUIでの起動手順を以下に示します。

$ module load maple/2016.2
$ xmaple

メニューバーの File > Exit をクリックすると終了します。

Mapleのライセンス利用状況を以下のコマンドで確認できます。

$ lmutil lmstat -S maplelmg -c 27007@lice0:27007@remote:27007@t3ldap1

6.15. AVS/Express

AVS/Expressの利用手順を以下に示します。

$ module load avs/8.4
$ xp

ハードウェアアクセラレーションを無効にして起動する場合は-nohwオプションを付けて実行してください。

メニューバーの File > Exit をクリックすると終了します。

以下のコマンドでライセンス利用状況を確認できます。

$ w3m http://lice0:33333/STATUS

6.16. AVS/Express PCE

AVS/Express PCEの利用手順を以下に示します。

$ module load avs/8.4
$ para_start

メニューバーの File > Exit をクリックすると終了します。

以下のコマンドでライセンス利用状況を確認できます。

$ w3m http://lice0:33333/STATUS

6.17. LS-DYNA

6.17.1. LS-DYNAの概要

LS-DYNAは、陽解法により構造物の大変形挙動を時刻履歴で解析するプログラムで、衝突/衝撃解析、落下解析、塑性加工解析、貫通/亀裂/破壊解析などに威力を発揮し、これらの分野では世界有数の導入実績を誇る信頼性の高いプログラムです。

6.17.2. LS-DYNAの使用方法

LS-DYNAはバッチジョブで利用します。利用手順を以下に示します。

使用したいバージョンに適宜読み替えてご実行ください。

【SMP単精度版】

run_smps_r9.1.0.shを実行する場合
$ qsub run_smps_r9.1.0.sh

【SMP倍精度版】

run_smpd_r9.1.0.shを実行する場合
$ qsub run_smpd_r9.1.0.sh

【MPP単精度版】

run_mpps_r9.1.0-1node-avx2.shを実行する場合
$ qsub run_mpps_r9.1.0-1node-avx2.sh

【MPP倍精度版】

run_mppd_r9.1.0-1node-avx2.shを実行する場合
$ qsub run_mppd_r9.1.0-1node-avx2.sh

スクリプト例:SMP単精度版

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
#!/bin/bash
#$ -cwd
#$ -V
#$ -l h_node=1
#$ -l h_rt=0:10:0

. /etc/profile.d/modules.sh
module load cuda/8.0.44
module load lsdyna/R9.1.0

export exe=smpdynas

export NCPUS=4
export OMP_NUM_THREADS=${NCPUS}
export INPUT=airbag_deploy.k

${exe} i=${INPUT} ncpus=${NCPUS}

スクリプト例:SMP倍精度版

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
#!/bin/bash
#$ -cwd
#$ -V
#$ -l h_node=1
#$ -l h_rt=0:10:0

. /etc/profile.d/modules.sh
module load cuda/8.0.44
module load lsdyna/R9.1.0

export exe=smpdynad

export NCPUS=4
export OMP_NUM_THREADS=${NCPUS}
export INPUT=airbag_deploy.k

${exe} i=${INPUT} ncpus=${NCPUS}

スクリプト例:MPP単精度版

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
#!/bin/bash
#$ -cwd
#$ -V
#$ -l h_node=1
#$ -l h_rt=0:10:0

. /etc/profile.d/modules.sh
module load cuda/8.0.44
module load lsdyna/R9.1.0 mpt/2.16

export exe=mppdynas_avx2
export dbo=l2as_avx2

export NCPUS=4
export OMP_NUM_THREADS=1
export INPUT=airbag_deploy.k

export MPI_BUFS_PER_PROC=512
export MPI_REMSH=ssh

mpiexec_mpt -v -np 4 dplace -s1 ${exe} i=${INPUT} ncpus=${NCPUS}
${dbo} binout*

スクリプト例:MPP倍精度版

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
#!/bin/bash
#$ -cwd
#$ -V
#$ -l h_node=1
#$ -l h_rt=0:30:0

. /etc/profile.d/modules.sh
module load cuda/8.0.44
module load lsdyna/R9.1.0 mpt/2.16

export exe=mppdynad_avx2
export dbo=l2ad_avx2

export NCPUS=4
export OMP_NUM_THREADS=1
export INPUT=airbag_deploy.k

export MPI_BUFS_PER_PROC=512
export MPI_REMSH=ssh

mpiexec_mpt -v -np 4 dplace -s1 ${exe} i=${INPUT} ncpus=${NCPUS}
${dbo} binout*

スクリプトは、利用者の環境に合わせて変更してください。 上記スクリプト例では、インプットファイルはシェルスクリプト内でINPUT=inputfile として指定しています。

LS-DYNAのライセンス利用状況は以下のコマンドで確認できます。

$ lstc_qrun

6.18. LS-PrePost

6.18.1. LS-PrePostの概要

LS-PrePostはLS-DYNAと合わせて無償提供されている先進的なプリポストツールになります。 ユーザインターフェースは効率的かつ直感的に扱えるようにデザインされています。 LS-PrePostは高速なレンダリングとXYプロットを実現するためにOpenGLグラフィックスを利用します。

6.18.2. LS-PrePostの使用方法

LS-PrePostの起動手順を以下に示します。

$ module load lsprepost/4.3
$ lsprepost

 _____________________________________________________
 |                                                   |
 |     Livermore Software Technology Corporation     |
 |                                                   |
 |                L S - P R E P O S T                |
 |                                                   |
 |    Advanced Pre- and Post-Processor for LS-DYNA   |
 |                                                   |
 |         LS-PrePost(R) V4.3.11 - 04Jul2017         |
 |                                                   |
 |            LSTC Copyright (C) 1999-2014           |
 |                All Rights Reserved                |
 |___________________________________________________|

 OpenGL version 3.0 Mesa 11.2.1

メニューバーのFile>Exit をクリックすると終了します。

6.19. COMSOL

COMSOLの利用手順を以下に示します。

$ module load comsol
$ comsol

メニューバーの File > Exit をクリックすると終了します。

COMSOLのライセンス利用状況を以下のコマンドで確認できます。

$ lmutil lmstat -S LMCOMSOL -c 27009@lice0:27009@remote:27009@t3ldap1

6.20. Schrodinger

Schrodingerの利用手順を以下に示します。

LigprepのCLI実行例:

$ module load schrodinger/Feb-17
SMILES形式の入力ファイルを使用し、MAE形式で出力する場合
$ ligprep -ismiinputfile -omaeoutputfile

GUIで利用する場合は、Maestroを起動します。

$ module load schrodinger/Feb-17
$ maestro

メニューバーのFile > Exit をクリックすると終了します。

Schrodingerのライセンス利用状況を以下のコマンドで確認できます。

$ lmutil lmstat -S SCHROD -c 27010@lice0:27010@remote:27010@t3ldap1

6.21. MATLAB

MATLABは行列計算などの数値計算やデータの可視化をすることのできるアプリケーションです。

MATLABの利用方法の例を以下に示します。

$ module load matlab
$ matlab

CLIでの使用手順について

$ module load matlab
$ matlab -nodisplay

終了するにはexitを入力します。

MATLABのライセンス利用状況を以下のコマンドで確認できます。

$ lmutil lmstat -S MLM -c 27014@lice0:27014@remote:27014@t3ldap1

6.22. Arm Forge

Arm Forgeの利用方法を以下に示します。

$ module load forge
$ forge

メニューバーの File > Exit をクリックすると終了します。