1. はじめに

本書は、Intelコンパイラ を東京工業大学学術国際情報センターの TSUBAME3 で利用する方法について説明しています。
また、TSUBAME3を利用するにあたっては、TSUBAME利用の手引きもご覧下さい。 サーバの利用環境や注意事項などが詳細に記述されていますので、よく読んでください。

1.1. 利用できるバージョン

TSUBAME3で利用可能な最新バージョンについてはTSUBAME計算サービスWebサイトの アプリケーション ページをご確認下さい。
研究に支障がない限り、バグ修正の入っている最新版をご利用下さい。

1.1.1. バージョンの切り替え

本システムでは、moduleコマンドを使用することでコンパイラやアプリケーション利用環境の切り替えを行うことができます。 特にバージョンの指定がない場合は、 バージョン 17.0.4.196 がロードされるようになっています。

例: Ver 18.0.1.163

module load intel/18.0.1.163

例: Ver 19.0.0.117

module load intel/19.0.0.117

1.2. マニュアル

マニュアルはTSUBAMEの次のディレクトリ下にあります。

バージョン ディレクトリ
18.0.1.163 /apps/t3/sles12sp2/isv/intel/documentation_2018/en
/apps/t3/sles12sp2/isv/intel/documentation_2018/ja
19.0.0.117 /apps/t3/sles12sp2/isv/intel/documentation_2019/en

オンラインドキュメントを用意しています。(東工大学内からのみ閲覧可能)

Parallel Studio XE 2017: Getting Started with the InteR C++ Compiler 17.0 for Linux*
Parallel Studio XE 2017: Getting Started with the IntelR Fortran Compiler 17.0 for Linux*
Getting Started with IntelR VTune Amplifier XE 2017 for Linux* OS
Getting Started with IntelR Trace Analyzer and Collector for Linux* OS
Getting Started with IntelR Inspector
Getting Started with IntelR Math Kernel Library 2017 for Linux*
Getting Started with IntelR MPI Library for Linux* OS