2. TSUBAME3での利用方法

2.1. Mapleの実行

2.1.1. インタラクティブノードでのMapleの起動/実行

ログイン方法を参考にログインノードにログインして下さい。
CUIの場合は、インタラクティブジョブの投入を参考に計算ノードを確保し、以下のコマンドを実行してください。

$ cd <利用したいディレクトリ>
$ module load maple/2019.1
CUIの場合
$ maple
    |\^/|     Maple 2019 (X86 64 LINUX)
._|\|   |/|_. Copyright (c) Maplesoft, a division of Waterloo Maple Inc. 2019
 \  MAPLE  /  All rights reserved. Maple is a trademark of
 <____ ____>  Waterloo Maple Inc.
      |       Type ? for help.
「quit」コマンドにより、終了することが出来ます。
> quit
memory used=0.9MB, alloc=8.3MB, time=0.06

GUIの場合はインタラクティブノードを利用したX転送を参考にノードをX転送付きで確保し、以下の方法で実施してください。

r0i0n0:~> module load maple
r0i0n0:~> xmaple

2.1.2. Univa Grid Engineによるバッチ投入

$ cd <利用したいディレクトリ>
サンプルファイル (maple.sh) の場合
$ qsub maple.sh

サンプルスクリプト(maple.sh)

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
#!/bin/bash
#$ -cwd
#$ -l f_node=1
#$ -l h_rt=0:10:00
#$ -V

. /etc/profile.d/modules.sh
module load cuda openmpi maple/2016.2

maple < test.m

2.2. ライセンス使用状況の確認

Mapleのライセンス利用状況を以下のコマンドで確認できます。

$ lmutil lmstat -S maplelmg -c 27007@lice0:27007@remote:27007@t3ldap1