3. ファイルについて

3.1. 入力ファイル

ファイル拡張子のデフォルトは、'.dat'です。 PATRAN(汎用プリポストプロセッサ)は、 その出力としてNASTRANの入力データが生成されます。 但し、ファイル拡張子は'.bdf'で作成されるので、 '.dat'に変更します。 入力データにおいてINCLUDE文を指定している場合は、 参照するデータも全てインタラクティブノード上に用意する必要があります。

3.2. output2ファイル(.op2)

PATRANのポスト処理用ファイルです。

3.3. xdbファイル

PATRANのポスト処理用ファイルとして利用できます。 xdbファイルでないとPATRANでポスト処理が行なえない場合があります。

3.4. リストファイル

リストファイルとして以下に示すファイルが必ず出力されます。

  • .f06 :解析結果の出力
  • .f04 :実行サマリ出力
  • .log :計算のログ出力

3.5. パンチファイル

計算結果の出力指定時にパンチ出力を指定すると、カード形式(*)でファイルを作成します。 ファイルに出力します。

(*) データを紙のカードで入力していた名残でデータをカードと呼びますので説明内にあるデータカード、 カード等の単語はデータと読みかえて下さい。 カード1枚がデータ1行に相当します

3.6. プロットファイル

入力データでプロットファイルを指定した場合に出力されます。

3.7. ファイル拡張子

NASTRANの主なファイル拡張子を以下に示します。

ジョブが同一のディレクトリで複数回実行されると、前回の出力ファイルには連続番号が与えられます。 連続番号はファイル名の後に付加される整数であり、整数が同じであれば同一ジョブの出力となります。 例として作成された順にファイルリストを示します。

v2401.f04          v2401.f06
v2401.f04.1        v2401.f06.1
v2401.f04.2        v2401.f06.2
v2401.f04.3        v2401.f06.3