1. はじめに

本書は、Patran を東京工業大学学術国際情報センターの TSUBAME3 で利用する方法について説明しています。 また、TSUBAME3を利用するにあたっては、TSUBAME利用の手引きもご覧下さい。 サーバの利用環境や注意事項などが詳細に記述されていますので、よく読んでください。

エムエスシーソフトウェア株式会社では MSC 製品に関するWebページを公開しています。 次のWebページをご参照ください。

1.1. 利用できるバージョン

TSUBAME3で利用可能な最新バージョンについてはTSUBAME計算サービスWebサイトの アプリケーション ページをご確認下さい。
研究に支障がない限り、バグ修正の入っている最新版をご利用下さい。

1.2. 概要

Patranは、MSC.Software.coorporation(以降MSC社と称する)が提供している、解析のために共通のモデラーを使用できる統合CAEソフトウェアです。 CADシステムと解析ソフトウェアを統合しています。 Patran では、MD NastranとABAQUSのプリ/ポスト処理が行なえます。

機能概要

  • CAD形状を統合するダイレクトアクセス機能
    • IGESフォーマットの形状データをダイレクトに取り込む機能
  • 解析プログラムの入力データおよび結果ファイルとのインターフェース機能
    • NASTRAN、ABAQUSの入力データ作成およびポスト処理機能
    • NASTRANの入力データを直接取り込む機能
    • インターフェース・プログラムを使用してABAQUSの入力ファイルを取り込む機能
  • メッシュ作成機能
    • IsoMesh、PaverMesh、AutoTetMeshなど、形状モデルに合った自動要素分割機能
      • IsoMesh
        • マップトメッシュ手法がベース(2D、3D)
        • メッシュパスにより要素分割の自動設定が可能
      • PaverMesh
        • オリジナルのアルゴリズムによる2次元自動四角形、三角形分割が可能
        • 任意のサーフェースにメッシュ作成可能
      • AutoTetMesh
        • PaverMeshのアルゴリズムを3次元に拡張した自動四面体要素分割
        • 任意のソリッド形状にメッシュ分割可能
      • Element Sweep
        • 既存の要素集合をある法則に従って引き伸ばし、1つ次元の高い要素を作成する機能
      • Mesh Seed
        • IsoMesh、PaverMesh、AutoTetMeshでの自動メッシュ分割時の粗密コントロールが可能
        • 分割数/分割比/分割長を手動制御可能
        • 形状モデルの曲率による自動制御が可能
      • 要素検証機能、スムージング機能など
        • メッシュの最適化機能
        • テーパー、面内ねじれ、面外ねじれ、縦横比
        • 節点と要素の修正機能
  • 解析条件設定機能
    • 線形解析から非線形解析まで、幅広い解析に対応した、多くの解析条件の設定が可能
    • 解析条件設定機能
      • 形状、FEMモデルに設定可能
      • 構造解析条件
        • 変位、集中力、圧力、温度、慣性力、速度/加速度などの設定が可能
      • 熱解析条件
        • 温度、熱流速、熱伝導、輻射などの設定が可能
      • フィールド関数を使用した複雑な条件設定
        • 時間依存/周波数依存荷重
        • 座標値の関数による荷重/拘束条件
        • PCLによる任意の関数表現
    • 材料モデリング機能 * 材料モデル * 等方性材料、直交性異方性材料、異方性材料、複合材料などが扱える。 * 非線形材料が扱える * フィールド関数を使用した複雑な材料設定 * 温度依存性、時間依存性、周波数依存性、応力―歪曲線、歪み速度依存性などが扱える。
  • 解析結果のビジュアル化機能
    • 変形表示、ソリッド内部の応力分布表示、応力ベクトル表示、流線表示、XYグラフ表示可能
      • Resultアプリケーションを使用した解析結果の加工
        • 結果の足し合わせ、ソート、テンソル変換、成分分解、合成など
        • 複数荷重ケース間の結果値の検索、計算などが可能
      • Insightアプリケーションを使用した解析結果の可視化
        • 等高線表示、等値面表示、アニメーション
        • テンソルベクトル表示、流線、マーカー表示
      • XY Plotアプリケーションを使用したグラフ表示
  • カスタマイズ可能なオープンシステム
    • PATRANコマンド言語(PCL)を使用することにより、ユーザ固有のメニュー、 モデリングツールなどをカスタマイズすることが可能
  • オンラインヘルプ機能
    • PATRANのユーザマニュアルのすべての内容をオンラインで参照できる機能

1.3. マニュアル

Patran Docs (mscsoftware.com) マニュアルはPatran 起動後、メニューの HELP → Contents and Index から参照できます。

1.4. テクニカルサポートIDの取得について

テクニカルサポートIDを取得することにより、ドキュメントやセミナー情報等の 知識ベースの参照、ポータル経由での問い合わせなどが利用できるようになります。

テクニカルサポートIDの取得を希望される場合にはお問い合わせフォームよりMSC製品のテクニカルサポートID希望と明記してお問い合わせ下さい。