1. はじめに

本書は、ABAQUSを東京工業大学学術国際情報センターの TSUBAME3 で利用する方法について説明しています。 また、TSUBAME3を利用するにあたっては、TSUBAME利用の手引きもご覧下さい。 利用環境や注意事項などが詳細に記述されております。

1.1. 利用できるバージョン

TSUBAME3で利用可能な最新バージョンについてはTSUBAME計算サービスWebサイトの アプリケーション ページをご確認下さい。
研究に支障がない限り、バグ修正の入っている最新版をご利用下さい。

1.2. 概要

ABAQUSは構造問題のシミュレーションを可能にする、汎用有限要素法解析プログラムです。 開発はSIMULIAにより行われています。

ABAQUSは、自動車、航空宇宙、原子力、造船、鉄道車両、金型加工、精密機械、機械全般、建築・土木、橋梁、電気電子、カン/ボトル製品、樹脂製品、ゴム製品、スポーツ用品などの分野で幅広く使われています。 非線形解析に特化した長年の開発経緯を持ち、接触、材料破壊等の強烈な非線形性を含む問題まで対応が可能です。 また、モデル化のために豊富な要素、材料、解析機能ライブラリィが用意されています。演算量が集中するルーチンやI/Oルーチンは、それぞれのシステムに対して最適化されています。 学術国際情報センターのABAQUSは、3つの大きなプログラムといくつかのユーティリティから構成されています。

  • ABAQUS/Standard

ABAQUS/Standardは、高度な内容の構造解析と伝熱解析を行うことのできる汎用有限要素プログラムです。

  • ABAQUS/Explicit

ABAQUS/Explicitは、連続体あるいは構造物のきわめて難度の高い非線形解析を行うことのできる有限要素プログラムです。

  • ABAQUS/CAE

ABAQUS/CAEは、高度なABAQUSの解析を迅速に効率よく作成、編集、モニタ、診断、可視化することができます。 従来のABAQUS/ViewerはABAQUS/CAEの解析結果表示機能として提供されています。

  • ABAQUS/ユーティリティ

上記以外で、ABAQUS実行プロシージャで起動するユーティリティ・プログラムがあります。

また、ABAQUSのプリ/ポスト・プロセッサとしてPatranも使用できます。結果の表示等にはABAQUS/CAEまたはMSC/Patranを使用してください。

ABAQUSは、弾性・弾塑性・塑性・破壊まで幅広く使用できます。ユーザがプログラム(FORTRAN90で記述するユーザサブルーチン)で荷重や境界条件はもとより、物性値まで定義できます。したがって、ABAQUSのマニュアルやご自分の研究テーマに関連する使用例をよく調べてご利用下さい。

1.3. マニュアル

オンラインドキュメントを用意しています。

Abaqus Documentation Collection(東工大学内からのみ閲覧可能)