12. 利用報告の管理

TSUBAMEでの研究成果等はグループ毎に報告する必要があります。

利用報告を管理するためには、「利用報告」画面から行います。 サイドメニューから「所属グループ管理」を選択し、対象グループの「詳細表示」を選択、グループ詳細画面中の「利用報告」ボタンを押してください。

Tips

「利用報告」ボタンは、グループの区分により表示されないことがあります。

12.1. 利用報告提出

新規の利用報告を行うには「個別報告」と「一括報告」の2つの方法があります。 報告の種類や報告数に合わせて選択してください。

12.1.1. 個別報告

「利用報告」のメニュー中の「個別報告」を選択してください。 入力画面が表示されます。

下記の内容に従い、報告内容を入力してください。

名称 説明
種別 査読つき論文,査読なし論文,口頭発表,などのなかから、報告の種別を選択します。
内容 提出する利用報告の内容を記入します。
500文字以内で入力してください。
添付ファイル 提出する利用報告に添付するファイルを指定します。

必要な項目を入力の後、「本内容を登録する」ボタンを押して、報告を完了してください。

12.1.2. 一括報告

「利用報告」のメニュー中の「一括報告」を選択してください。 入力フォームが表示されます。

入力フォームに1行1報告の形で入力します。なお、空行は無視されます。

入力の後、「報告一覧を読み込む」ボタンを選択してください。 一括報告フォームで入力した内容を読み込みます。 読み込んだ内容が、一括登録フォームの下に表形式で表示されます。

一括報告フォームで入力した内容のうち、システムに登録するものにチェックを入れます。 チェックが入っていないものは、「本内容を登録する」ボタンを押してもシステムには登録されません。 また、各報告項目について、査読つき論文,査読なし論文,口頭発表,などのなかから、報告の種別を選択します。 最後に、「本内容を登録する」ボタンを押すことで、チェックした報告が登録されます。

12.2. 利用報告の参照・更新

利用報告の参照更新機能では、報告済みの利用報告の詳細確認、更新、添付ファイルをダウンロードすることができます。

「利用報告提出」の画面の下部に、報告済の利用報告の一覧が表示されます。

内容欄のリンクを押すと、報告済の報告内容を参照・編集できます。

ファイルが添付されている報告には、添付欄にアイコンが表示されます。アイコンを押すと、添付されたファイルを参照することができます。 内容を確認後、必要に応じて更新、削除、添付ファイルの変更、削除を行ってください。

Warning

受理された利用報告は、適当な時期において編集がロックされます。変更が必要な場合は、お問い合わせください。