10. グループディスクの管理

グループディスクはグループ管理者(メイン、サブ)がポイントを使って購入し、 グループに所属するメンバが自由に使えるストレージとなります。

グループディスクに関する操作は、「TSUBAMEグループ詳細」画面にて行います。 この画面は、左のメニューバーの「所属グループ管理」を選択、グループリスト画面の対象グループ「詳細表示」リンクを選択することで表示されます。

所属グループ管理 画面

「TSUBAMEグループ詳細」ページ上の利用オプションメニューより、グループディスクに関する操作が行えます。

10.1. グループディスクの容量について

グループディスクに保存可能な容量は、その配下に保存されているファイルの絶対容量とファイル数(inode数)の両方で制限されます。 グループディスクの容量設定は、ファイルの絶対容量として1TB単位で指定します。 保存可能なファイル数(inode数)は、1TBあたり2,000,000に固定設定されています。

10.2. グループディスクの有効期間について

グループディスクは年度末に一度リセットされ、すべてのグループディスクは読み込みと削除のみ可能な猶予状態となります。

猶予状態は4月の中旬ごろまで維持され、猶予期間が終了すると未購入のグループディスク領域にはアクセスできなくなります。 引き続きグループディスクを使用するためには、当該年度分のグループディスクを購入する必要があります。 また、猶予期間が過ぎたグループディスクのデータについては、適宜削除されます。

10.3. グループディスクの容量設定

Warning

グループディスクの容量設定は、グループ管理者(サブも含む)だけが行うことができます。

グループ詳細画面の利用オプションにある、グループディスクの設定ボタンより、グループディスクの容量を設定することができます。

利用オプション「グループディスク容量設定」には、グループディスクの現在の設定値と使用量が表示されます。容量を変更したいストレージの「サイズ変更」ボタンを押すと、容量変更ダイアログが表示されます。

容量変更ダイアログで「上記を承諾の上、変更」ボタンを押すと、当月以降の容量が変更されます。

容量を増やす場合には、指定した月から年度末までの必要なポイントが消費されます。

容量を削減する場合には、翌月から年度末までの容量削減分のポイントがグループに返却されます。

Tips

次の場合は、グループディスクの容量設定ができません。

  • 容量を追加するためのポイントが不足している
  • 現在のディスク使用量が削減後の設定容量よりも超過している